angel whisper

ほぼゲイによるブログ。ひっそりと。

サッカー部ではなく吹奏楽部!?


幸せな夢

Sくんの学校の先生になる夢
Sくんの担任ではなく
総体の時に学校に残った組を受け持つ講師みたいなの

Sくんだけでなく
他の生徒からもすごく好かれて授業していた

Sくん吹奏楽部で
僕が伴奏している曲(現実世界で)を
部活でやってるよって教えてくれて
見に行きたいって話してた。



お盆明けの仕事
憂鬱で寝不足だったけど
夢で会えたおかげで頑張れたよ。

ありがと。


  

やっぱりあなたは最高の


やっぱり好きだなあ



いや、やっぱりとかのレベルちゃうけど
当たり前にずっとずっと好きだけど


ほんと水曜って会うまで体調絶望的なの
早退したいレベルで悪いこの頃

だけど会えば、さっきまでの何?って感じで
ほんとに元気になる

ほんとにあなたはわたしの元気の源なのです





名前なんだったでしょう!


フルネームで覚えててくれた

先週は間違えたけど今週は覚えてた


全力で褒めた

「なんとなくやし!」と
照れ隠しする君が最高に愛おしい。



ありがと。


  

いや、怖い怖い


不倫が旦那にバレて
追いかけ回される夢を見て
明け方目が覚めた

リアルすぎて笑えない
予知夢や正夢になりそうで怖い


9DA64EE2-3D2F-4932-AD7E-449DEEF3E63C

895843C7-FBD7-4BC0-899F-E8F432AEA37C


周りに気を配ってって
普段から人一倍気を遣っておりますが?


  

更にお掃除


1つ前の記事でSNS整理したと書いたけど
今日はゲイアプリ掲示板関連を全て休止。


そもそも使ってない。
それなのに個人情報晒してるのは気分が悪い。

今の自分には必要ない。
推しと大切な人がいる現状に満足している。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

色々あるけど、生きてます。怖いけど。


  






 

インターネットお掃除


iPhoneの調子が悪いから
全てのアプリをアンインして
それ機に使ってないSNSアカウント削除に
フォロワー整理、ツイ消しなどした。

やはり使っていないのに
個人情報公開しているのは気持ちが悪い。
特にこの仕事しているから
個人情報の取り扱いには気を付けないと。

すごくスッキリした。 
掃除をしたような感覚。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

有吉が言ってたけど
「今からTwitter始めるのはバカ」っていうの
激しく共感。

ほんと、精神衛生と無駄な時間浪費するだけ。



もっと自分が生きやすいように道筋作らないと。


   

好きな人を目の前にすると


あなたが僕に客観視出来ず
視野を広げた方がいいと言うように

あなたも客観視出来てなく
視野を広げた方がいい


僕とあなた、視野が広がらないのは
客観視出来ない相手を本気で好きだから。

そう思うと
僕はあなたよりもSくんの方が好き、と。
もちろんあなたも好き。
だけど好きのレベルが違う。


  

あまりにもショックだったからブログに書いた


今日すごくショッキングなことがあった

これちょっと立ち直れないかも

立ち直れないどころか、顔も見れない

言う相手間違えた

いや、それはないか

ど正論ぶつけられて、僕の心配してくれたんやもん



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ふざけた気持ちで言った
ふざけた気持ちじゃないと言えない 
嫉妬させるような気持ちで言った

初めは嫉妬してるなーって感じやったけど
本音で話していい?と言われて
そこから親目線でど正論突きつけられた。


当たり前のことだし
Sくんのためにも僕のためにも
ちゃんと言わないといけないんだろうなとは思う。

僕はSくんのことが好き。
他の子と比べてベールに包んでいるのも事実。
僕自身が思うことで考えること
仕事として彼のことを考えること
Sくん視点で物事を考えていた
それを親目線やもう少し視界を広げたほうがいい、と。 



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

わかってる
普通じゃないの
そんなんわかってる

それでも彼が好きで
彼が現れてから彼に救われてきた

一応これでも覚悟はして接してるつもり





よかったこととしては
Sくんに聞きたかったこと、いくつか
聞けるように後押ししてもらえたこと
(全く違う意味での後押しだったけど)

そして、
Sくんが僕を好きな確率がグンと上がったこと。

まあけど、解釈は人それぞれだから、ね。


貴重なご意見お聞かせ頂いたくらいに思っとこ。
ただ、本音は死ぬほど落ち込んでる。
言わんかったらよかったが本音、


   

あなたは人を好きになって何度もあなたになるのです


やっぱり好きなのは彼で

僕が好きなのは彼だけで

色んないい子やいい人が現れても
心の中にいるのは、ずっと彼。


iPhoneの壁紙が教えてくれる。










ずっとあなただけ。

大好きだよ。


   

これを「幸せ」と呼ぶんだろう


すごい

素直にすごい

やっぱりすごい

やっぱりあなただった



Sくん。





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


こんなことがあっていいのだろうか

自分でも信じられない



今日はただの恋人のいちゃいちゃでしかなかった。

新しい曲の楽譜を渡すと「弾いて」と。
Sくんは椅子に座ってるから低い音の位置で弾いてと。
弾いていると、もう1つ高い音のところで、と。
すぐに手を止められて「やっぱり真ん中で弾いて」と。
僕がSくんの椅子に座って弾いていると
1段目が終わった途端
僕の目の前に来てピアノを弾きだした。
僕が後ろから抱きしめているような体勢になった。
初めは立っていた彼も僕の膝の上に座って弾いていた。
手のやり場に困った僕は自然と彼を抱きしめていた。 
彼の肩に顎を乗せて、彼が弾いている姿を見ていた。

それを1段ずつするものだから、
今日彼を抱きしめたのはもう何回だろうか。


彼が考えた早口言葉を言わされて
うまく言えなくて「ほら!」と。
ただのいちゃいちゃ。
「この早口言葉は家族の誰も言えなかった」と
じゃあ家族以外の人に言ったのは僕だけ?と
もうニヤニヤが止まらなくて。

僕はSくんをあだ名で呼んでいる。
実はそのあだ名は家族にしか呼ばれていないそうで。
こりゃまた家族以外の人で呼んでいるのは僕だけ?と。



そして「先生何か変わったと思う?」 と聞くと
一言目に「髪の毛切った!」と答えてくれる彼が大好き。 
職場もプライベートも家族も誰にも気付かれず
だけどSくんなら気付いてくれると確信していた。
そしたら本当に気付いてくれた。
「もう1つあるんだけど、分かるかな?」 
「え?うーん…」さすがに頭を悩ますSくん。
そう、髪の毛を染めたのだ。
しかしこれも全く気付いてもらえず。

「ヒント!首より上!」
「ヒゲ剃った!」
「髪の毛ワックスつけた!」
「髪の毛がいつもはふわっとなってるけど今日はぺちゃんこ」 
 違うんだけど、着眼点が確実に髪の毛なのが嬉しくて。
それに「え?髪の毛違うの…?」と言いながら
髪の毛をくしゃくしゃされたり前髪あげられたり…
本当はこんなことされるの嫌だ。
だけどSくんにされるのは別格で
嬉しくてたまらなかった。

「髪の毛は惜しいねんけどなぁ…」
「わかった!髪の毛染めた!」
さすが。さすがだった。やっぱり彼。
伝えた、気付いてくれたのは彼だけだったこと。
そして当ててくれて大好きだと。

彼は僕の変化にいつも気付いてくれるのに
僕はどうしてちゃんと言えないのだろう。
これは本当にいつも後悔している。
だから今日はちゃんと伝えた。
今更だけど「この間髪切ったよね」と。
そこからSくんの床屋さん事情の話になり
Sくんの以前通っていた床屋さん
そして新しく行った床屋さんを教えてくれた。

彼はお母さんに坊主にさせられそうになったそう。
それを聞いた僕は全力で「あかん!」と。
彼に言っても仕方のないことだと分かっていても
全力で反対した。 
彼自身も坊主は嫌だったみたい。

「先生はこのSくんが好き」と
お気に入りフォルダに入っているSくんの中から
お気に入りの髪型のSくんを見せた。
お気に入りフォルダの中身を見られてしまって(軽く)
めっちゃ焦ったけど
「僕以外の人の写真!そうやろ?」って言ってたけど
全部あなただから。あなたと僕の写真だから。

今度、他の人の写真が見えなくなるくらい
先生と写真撮ろうって言ってみよう。



最後、何気に椅子のもたれる部分に
僕が手を置いていたら
彼の小指と僕の小指があたって
小指で指同士を繋いだ。





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


長くなったけど
今日のことは絶対に書き留めときたかった。
書き留めなければいけないこと。

なんか…ほんとただの恋人だった。
これ以上でも以下でもない恋人だった。

夕方の話だが、そこからずっと…今も。
ふわふわしているの。

もう、ね…
たまらなく幸せ。

やっぱり、彼だ。
すごい、この落ち着く感じと安定感。
彼と一緒に過ごしてきた時間は
他の誰もが変えられない。



今「セックスして」と言われると
100%勃たない。
もしかしたら「今」だけじゃなく「これから」も…





ごめんなさい
真っ直ぐに生きるあなたを
真っ直ぐに向き合ってくれるあなたを
裏切るようなことをしてしまって


  

欲しくて堪らないの、と


ほんまに終わりや、



完全に昼顔的展開

よく不倫してる人の話と同じ展開

完全に僕の虜になってる

そして僕も


  
メモ
デコメ日記
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
ランキング
 クリックして頂けると
 励みになりますm(__)m

  
  
  
  • ライブドアブログ