angel whisper

ほぼゲイによるブログ。ひっそりと。

急なハグ


本当はSくんに会った日に
ブログを書きたいと思っている。
だけど最近は帰ってきたら疲れて寝てしまう。
そして自分の思いも吐き出せずに
溜まってしまってしんどくなる……
別にストレスでもなんでもないんだけどね。
こういうのって誰にも話せないから
唯一の吐き場所を作っておきたいんだ。

先週会ったときのこと。
先週はイベント後初レッスン。
また後日書こうと思うけど
Sくんはノーミスでとても上手に演奏した。
当日来れなかったお母さんに
ノーミスで演奏されていました!
とても上手に演奏されていて感動しました!
そう伝えた。
彼が演奏する前に椅子や足台の高さを調節し
演奏してもらう予定だったのだが
僕の退場を待たずに演奏を始め
それに僕がビックリして急いで舞台袖へ…
そんなことはあまり覚えていないのだが
見事にそれが録画されていたらしい。
彼に言われた。
しかしそんな彼は自分の演奏を見ていないらしい。
「じゃあなんで知ってるん?」そう聞くと
「録画を見たお父さんが言ってた」だそう。

イベントでは彼のお姉ちゃんの伴奏を行い
イベント当日にお礼をお手紙をもらった。
だからそのお返しにお返事の手紙を渡した。
その光景を見逃さなかったSくん。
「なんて書いてあるの?」
「お姉ちゃん見せてくれないもん!」
すごく気になる様子だった。
だから、Sくんにも書いてあげようか?と訊くと
「いらない」と言われた。照れ隠しだ。
ほんとツンデレな彼が愛おしい。。

イベント後すぐのレッスンだったので
課題はできていないかなーと
(大体の生徒さんはしてこない)
だけど彼はちゃんとこなしてきた。
もうそういうところも凄いし大好き。
課題曲が天国と地獄。
彼にこの曲を知っているかと訊くと
ウィリアムテルを歌い出した。
Sくんが歌っているのはこの曲でしょ?
そう言ってウィリアムテルを弾いた。
トリルをした指を見て興味津々。
僕の真似っこをする。
Sくんが弾くのはこの曲!
そう言って天国と地獄を演奏した。
Prestoだが彼にはまだ弾けない。
だから僕が演奏してようやく分かったらしい。

その後、その後だよ!!!
僕が弾いていると
「どうやってするん?」と言って
僕の膝の上にちょこん、と。
僕は彼を抱きしめ、肩に顎を乗せて
「ここはこうやって弾くんだよ」と。
はぁ…思い出しただけで幸せ。
久しぶりに感じた彼の体温。
相変わらずの細い体。
自分が求めているもの。
やはりこういうことをするのは彼だけ。
他の習い事でもするのだろうか。
やっぱりこれだけは聞きたい。
絶対に聞く。
リマインドしておかないと。

それにしても
どうして彼はそういうことをするのが
すごく自然な流れでできるんだろう。
僕なんてギクシャクしちゃって
何かを言うのだってぎこちないし…
ほんとプレイボーイなのか、、
プレイボーイなのは僕の前だけにして(ToT)

天国と地獄が終わった後に
イベントでうまく弾けたことを話すと
また照れ隠し。
「おまじないが効いたんじゃない?」
「しらん」
…とか言いつつ、本番直前に
「おまじない、なんやったっけ」と言われ 
皆の前で頭を撫でた。
もしかしたら、本当におまじないが効いたのかも…
なんか急な自信が出てきた(笑)
いや、彼の頑張りを聞いているから
そんな生半可なことは言えないんだけどね。

この日はイベント後に
最高のプレゼントをもらえた日だった。
というか思い返せば
会う度に何かもらってる気がする。
だから毎週頑張れるんだろうなぁ。



ほんと、ありがと。大好き。


   

本当に話したいことは


今日の会議で話せばよかったかな?と。

プロフェッショナルな先生の前だし
経験もたくさん積まれているし
引き出したくさん持っているだろうから
聞いてみてもよかったかなと思った。

まあけど
性別の垣根を超えているし
もしかしたら同性に話す方が
もっと深く理解してもらえるのかも
だけど最近はLGBTの話題も
メディアで取り扱われること増えたし
もしかしたら話しても…って。



吐き場所がないからここに書いているけど 
やっぱり誰かに聞いてもらいたい。
できれば教育関係の方や
同業者のプロフェッショナルに。


   

昨日の出来事


昨日はSくんと会った。
ここ2週連続で僕より早く来てくれている。
嬉しいな。
いつも僕が来たと分かると隠れる。
昨日は鍵を閉められた。
すぐに開けてくれたけどね。

言いたいこと、毎週16時にリマインドしている。
なのに昨日も言えなかった。
昨日、会う直前に会ったら言うことを考えた。
その時に少し自分を客観視できた。
何故毎週言えないのか、分かった気がした。
それは会うことに精一杯だから。
緊張してドキドキして、会うので精一杯。
後は会ってる時に言おうとして
引かれたらどうしようとか
迷惑かけないだろうかと考えてしまって躊躇する。
そしていつもバイバイした後に後悔。
後悔って、もうかれこれ1年以上言ってる気がするよ。
毎週後悔と反省をしながら帰路についてる。

レッスンが始まると真面目に受けるのが彼のいいところ。
なのにこんな先生でごめんなさい。
指使いの話をすると「僕の指6本あるかと思った!」と
「あなたの指は1.2.3..6本!6本ある!」
「ほら、ここに6本目が!(見えない指)」
いや、もうさ。ダメだよ。
大好きで大好きで仕方ない人に
いきなり手握られたら心の準備なんてできてない。
手握られたかと思えば指めっちゃ触ってくる。
あなたの指の感触、忘れられない。

指の話題が終わったと思えば
また手握ってきて(2度目でも全然慣れずドキドキしてる)
「あなたの指は 1.2.3..」どうするのかと思えば
Sくんが握った僕の手の横にSくんの手を並べて
「6.7.8..」「10.11.12..」
もしやこの流れは…と思っていると予想は当たり
僕の左手を握ってSくんの手の横に並べられて
「15.16.17..20!20本ある!」と。
はぁ…。もうため息しか出ないよ。
あの、ほんと色々考えることはあります。
むしろ毎日あなたのことばかり考えています。
他の事例と比較だって他の意見とだって比較している。
だけど、ここまで僕との距離が近いのはSくんだけだよ。
これさ、年齢が上がったら完璧なプレイボーイだよ
小悪魔だよ。。。
他の人には絶対にして欲しくないのが願望だけど。
近付きたくて仕方なくしている人に対して
自ら近付いて来てくれるんだもん
しかも手を握るという、すごく自然に。
いや、僕と同い年の人がしたらちょっとおかしいか。
Sくんだから何でも許せちゃう。
ほんとに、ズルい子。

そしてまた真面目にレッスンを受けだす彼。

Sくんの髪の毛の話になって
「これは…!絶対言わなきゃ!」
「言いたくて言えないリストに載ってる!」
そう思い
「今の髪型のままがいい!かわいい!」
「この髪型が好き!」
そう言って彼の髪を撫でた。
彼の髪を撫でるのは習慣化している。
頑張ったら撫でる、おまじないでも撫でた。
彼のサラサラな髪が大好き。
「うーん、もうすぐ切りに行くかも」
確かにここ3ヶ月くらい切っていない気がする。
イベント前に切るか…と思ったけど
そのままの髪型で出演。
ま、僕は嬉しかったんだけどね。
さすがに切る予兆は感じてはいる。
だからこそ、ちゃんと伝えた。
「このままがいいな」
「前髪分けてみたら?」
「え?どうやって…」
(分けようとするのを手伝ってあげる)
「(本心は分けては欲しくない)」
そしたら、またしてもいきなり彼は
「ん、こうやって分けるん?」と
同じように僕の前髪を分け始めたのだ。
はぁ…。(ため息2回目)
もうほんとあなたって子は。
手を繋いだことはある、イベント誘導で。
顔を触られたことはある。
しかし上記2つは4歳児さんであって
小学生にはされたことがない。
それこそさっき書いた他の事例と比較しても
そんなことをするのは彼、Sくんくらいだ。
またしても心の準備ができていないまま
いきなり前髪を分けて
僕のおでこにも触れられるわけだから
もうそれはドキドキで何もできず。
「あ!ここ!隙間できた!(分け目)」
もう訳も分からず、勢いで
「ほら!お揃いだよ!これにしよ!」と。

今日は長いこと書いているなぁ…
よっぽど溜まっているのだろうか、
いや、溜まってますほんと。

9月末に渡したお土産のサブレを
先週までリュックに忍ばせていたから
もう絶対に食べてと念押ししたら
ようやく食べてもらえたみたい。
他の子にあげても感想がなかったり
「おいもサブレ」なのを
「おいもクッキー」という子がほとんどの中
彼だけは正式名称で言ってくれたのは
胸キュンポイント。
それに感想までしっかりと答えてくれた。
その感想、ちょっと衝撃だったのが
「お姉ちゃんと分けっこして食べた!」
「めっちゃ美味しかったって!お姉ちゃん!」
まさかのお姉ちゃん
そしてあの大きさを半分こ、、、
お姉ちゃんにあげる優しさと
あの大きさを半分こする尊さに
キュンキュンしたけど
Sくんに食べてもらいたくて買ったから
1人で食べて欲しかったという気持ちも…
今ブログ書きながら思ったけど
お姉ちゃんの感想は聞けたけど
あなたはどうだったの?
美味しかった?お口に合わなかった?
きっとそれはないと思う、思ってる。

なぜなら、彼は自分のことは言わないから。
喜びとか嬉しさとか、口に出さないの。
僕が催促すると、すごく照れてる、かわいい。
その代わり、行動で示す。
それは日々をブログを読んでいれば分かる。

そういう、
裏付けや考察するのが大好きだ。



いや、けど
そろそろ素直に「好き」と言われたい。


   

おまじない、したかったな。。


最近この時間まで起きてることが多々…
外出して帰ってくる時もある(ーー;) 
今日は0時くらいにYogiboで寝てしまって
そこからお風呂入って、今…みたいな。 

生活リズム整えたいんだけどなあ。
整えたいという気がしっかりとないから 
変わらないんだろうなあ、ダメだ。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

書きたいことはたくさんある。
しかし大仕事目の前にして
そこまで手が回らない。辛い。
早く終わって欲しい。

ただ、Sくんに救われてる。
おまじない、したかったことできなくて
違うおまじないしちゃった。悔しい。
だけど収穫しかなかった。


先週あげたお土産、クッキー
まさかのリュックの中に放置( ; ; )
他曜日の生徒に嬉しすぎて
食べてない子がいるから
その可能性も無きにしもあらず…
僕忘れん坊だから〜!って言うのは
本心なのか照れ隠しなのか。。

クッキーの話になって
その後いきなり僕のフルネームを言い出した。
先週、僕のフルネームを覚えていたことを
ベタ褒めしたのを一緒に思い出したのだろう。

こういうとこなんだよなあ
ほんと年相応とは思えない小悪魔、ずるい。
僕も照れてデレデレしながら
覚えてるの偉い!大好き!とか言ってるし…


あかん、もうこんな時間や。
また落ち着いたら更新しよっと。


   

こ、恋人、、、?


聞かなかったーーー。

悔しい。
だけど収穫しかなかった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

お揃いのキーホルダーあげた
気に入ってもらえた
リュックにつけてくれた
これでお互いリュックについた

「どうせまたお揃いとか言うんやろ」
そう言われた時、いつもなら
「他の人にもあげたよ」なんて
自分を隠して嘘ついちゃうんだけど
「お揃い嬉しい?」と聞き返してみた。
そしたら「うん」って…!


「君の名前はなんだい?」と聞かれ
答えようとしたらフルネームで答えてくれた。
ちゃんと覚えててくれた僕の名前。
ずっと前に教えて、それから日がたってるから
きっと忘れてるんだろうなと思ってたら
まさかのちゃんと覚えてて…
大好きって頭撫でちゃったよ…

◯◯(僕の名前)って名字聞いたら
この名前があてはまってん
僕普段は覚えてないからな!
すぐに忘れちゃうんだから!って
すごい必死に言ってくれたけど
まるで照れ隠しのようで
すごく可愛かったし嬉しかった。
これはお揃いのキーホルダーの時も
嫌な素振り見せてるのかなと思わせて
実はそうじゃないっていう。



多分だけど、Sくん気付いてる。
僕が好きって言うの。
彼がどう思っているか分からないけど
…って、そういう時こそ聞けよって話な。

気付いている感じと他の子にはない距離感。
自分自身ももちろん感じているし
第3者が見ても分かると思う。

特に感じた、
大袈裟かも知れないけど
もう恋人なのか?と感じる距離感だった。





来週こそは絶対聞く。
そしておまじないしてあげる!


  

正夢であってほしい


どうしよ
最高に幸せな夢見てしまった…



今日会った時に聞こうとしてたこと
夢でそのまま聞いてた
望んでいる答えが返ってきて
ハッピーエンドになる夢

目が覚めた時には
「これは現実?」と思うばかりで
混乱してしまった、、、


眠る前に動画見てて
夢に出てきてほしいと願っても
出てこないのが普通だから
出てきてくれたことにびっくりだし
しかも今日伝えようとしている言葉を
夢の中でそのまま伝えててほんとびっくり

とりあえず
ここだけは夢占い当たって欲しくない


  

これだけじゃ思い出せねえよ!


20CC99A2-9845-44CD-A9FD-20D61B0CEAC0

続きなんやねんー!
この後寝るとかタイミング良すぎか悪すぎかー!


  

幸せすぎてタイトルが浮かばん


今日はこれ以上にない幸せの日だった

君のたくさんの笑顔
2人で背比べ
そして、嬉しい一言さえも撮れてた。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

他の方、本当にごめんなさい。

悪気は全くないのですが、
彼との呼吸だったり息づかい
タイミングとか居心地の良さとか
話す内容、話を受け取る気持ち
波長が合いすぎて、彼は特別なの。

彼も多分…いや、
同じことを感じてると信じてるけど
居心地の良さであったり
僕と彼との距離感
部屋の空気感
30分があっという間に感じてしまうこと
これはまさに好きな人に対する
気持ちの感じ方と同じだ。

「好き」って言わなくても分かってたけど
今日で再確認できた。





ほんと、ごめん。
失礼を承知で言うけど
今日休んでもらえたおかげで
たくさん彼と過ごすことができました。
普段じゃ絶対にできないこと。
ほんとに幸せな45分でした。
休んでくれてありがとう。

退会するか迷ってるって
僕は止めたけど
ほんとごめん、退会してもらっても。
そしたら毎週彼とたくさん過ごせる。


動画見ながら寝よっと(*'ω'*)


  

過去に見た夢


舞台は中学の卒業式。
仲良かった当時野球部の子が
卒業式一緒に行こうって
それがすっごす嬉しくって
たくさんの友達もいて
泣きながら卒業。
起きたら泣いてた。

25565FF2-1FC6-4B54-974C-C5F9FBE02E91

8EEF7692-9420-463E-A68C-0F2561CEC132

  

過去に見た夢

C91AB8DC-47C9-4833-99CF-835ED9924917

  
メモ
デコメ日記
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
ランキング
 クリックして頂けると
 励みになりますm(__)m

  
  
  
  • ライブドアブログ